blog index

本日出発!

興味を持ったこと、感動したこと、行動したことを綴っています。
<< 「野口雨情メモリアル音楽祭」を終えて! | main | 週5日も 芸術鑑賞! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    有意義だった食事会!
    1

    11月23日(祝・水)に、「雨情メモリアル音楽祭」に出演して下さった音楽仲間た

    ちを招いて、慰労会?をした。8団体の方たちである。

     

    ホテルやレストランでなく、気楽に話し合えるようにと居酒屋で実施した。場所は

    便利だったが、年配の女性には少々座り心地が悪く狭い部屋であったが、18名が机

    を囲んで忌憚なくしゃべるには、マイクなど使わなくてもよく、普段通りの声で話

    し合いの出来る場所であった。

     

    決まった会席料理でなく、簡単なものも取り入れた料理で味も結構おいしく、皆さ

    んどれも美味しいなあと言いながら喜んで食べて下さった。エビフライは絶品で揚

    げ立ちのホヤホヤは、色は少々黒めだがカリカリッと頭のてっぺんから尻尾の先ま

    で全部食べられ、とても好評。最後のすまし汁のソーメンも、ちょっと表現できな

    いサラサラ味、時間がたっても全然粘らない。

     

    こんな訳で食欲も満たされ、先日の音楽祭についての話し合いにうつり、忌憚のな

    い意見が交わされた。嬉しくてうれしくてたまらない方向に話は発展。さすが〜

    有識者の先生ばかりである。私の念じていた通りに話はまとまっていった。

     

    つまり、今回の音楽祭を1回きりのものにしないで、無駄にしないように発展的に

    取り組んでいこう。鳴門市の合唱団体が心を合わせて発表会を開いて、市民に聴い

    ていただく機会を作る。市民の皆さんもよい歌声を聴き鑑賞する楽しさを味わう。

    そういった方向付けをしようとの話し合いが出来た。つまり「鳴門市合唱祭!」開

    催への機運が高まったのである。

     

    今回の「雨情メモリアル音楽祭」は、市内合唱団全ての団に参加していただき、雨

    情童謡コーラスを歌っていただいたが、私の脳裏にはこれが今後に繋がれば良いな

    あとかすかに期待していた。それが今夜現実のものとなったのである。来年2月に

    は具体的に話を進めることになる。

     

    美味しい食事に、心弾む話し合い。友人と楽しかったなあとルンルン気分で帰途に

    着く。参加者の皆さんも、楽しい楽しい夜となった!

    | 小唄ちゃん | 鳴門小唄 | 06:05 | comments(0) | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 06:05 | - | - | - | - |
      コメント
      コメントする


            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      bolg index このページの先頭へ