blog index

本日出発!

興味を持ったこと、感動したこと、行動したことを綴っています。
<< 雨情メモリアル音楽祭! | main | 「野口雨情メモリアル音楽祭」を終えて! >>
新米の先生だった私!
0

    昨日は、先日ブログに書いた60年前の教え子の同窓会に出席。名西郡山間部にある

    左右内小学校卒業生との出会いだった。もう72歳にもなるのだって〜 みんなおじ

    いさん・おばあさんで、白髪頭・皺もたくさんある。

     

    何とまあ! 私はこの日を楽しみにしていたし、朝のうちは、今日の夕方何時ごろに

    来るのかな?等と思ったりしていた筈なのに、すっかり忘れて、午後はパソコンに

    向かって奮闘していた。

     

    夕方5時過ぎに玄関のチャイムが鳴り、誰かな?と思って出てみると、先日訪問して

    くれたYさんの顔。あれ~っ、びっくり仰天! なんとまあ彼女はO君の車に乗り、

    私を迎えに来てくれたのだった。え〜っ!こんなに早くっ!困った〜!全然出かけ

    る用意をしていない!先生いくらでも待っていてもよいよ~ 一回帰ってもう一度

    出かけて来ようか〜。 いやいやそんな面倒はかけられない!ちょっと待ってよ!

    すぐ用意するけんな〜 それからは大慌てで服を着換え出かけた。

     

    堂浦の久住民宿へ着くと、「お〜い、みんな先生のお着きだよ〜」 どやどやと階

    段を下りる音がして、おじいさん・おばあさんの顔顔!誰だったかとっさに誰も思

    い出せない! 名乗られて幼顔の面影が残っているのがやっと分かってきた。

     

    私もみんなにおばあさんだなあと思われているに違いない!夕食の準備が整うまで

    すっかり話し込んだが〜 みんな新米の先生が珍しくて、いたずらばかりしていた

    とか〜 あれもこれもみんな覚えていて、謝ってくれてばかりいた。山の中にこん

    な若いきれいな女の先生が来ることは滅多にないのでとか、先生が優しいので調子

    に乗って甘えて、いたずらをしてばかりいたとか?顔の赤くなるようなことを言っ

    てくれる。そんなにずっと何十年も悪かったと思ってくれていたとは? 同窓会の

    度に先生の事だけは毎回思い出して話題にしていたとか?

     

    思えばあの時はホントに辛かった。今でいえば、質の悪いいじめにあったようなこ

    ともあった。あこがれが、そんな行動に出ることもあるのだ。「一番悪かったのは

    先生が僕たちのノートを見てくれて、一生懸命点検して下を向いている間に、後ろ

    へそっと行き、ハサミで毛糸の服の下の方を切ったことだ。あれはK君だったんで

    すよ〜。すみません」と言ってみんな一斉に平伏。いたずらっ子の分まで誤ってい

    る。仕方がないね〜、今となっては〜 でも辛かったですよ。先生ごめんなさい。

    そんなこんなで懐かしい思い出話にふけった。

     

    皮の柔らかくて薄いきれいな緑色をしたスダチをお土産にもらい「うちんくで作っ

    たんでよ〜」と聞いて農家のお嫁さんになっていたのかと感心したり、大阪から帰

    省して高島屋のお菓子をお土産に買って来てくれたHさんの気配りに感心し、やっ

    ぱり勉強のよくできた子は違うな〜と有難く思った。

     

    9時ごろにお酒を飲まないO君の豪華な車に乗せてもらって帰って来たが、みんな

    の話によると、彼が一番の成功者で社長さんだとか、沖洲に工場を持っているとか

    、多弁で話題の豊富な彼の声を聞くと、声がきれいで独唱をさせた昔を思い出し、

    いくつになっても昔の事は覚えているんだなあ、まだ私は認知症になっていないと

    自信が持てた。この気持ちで、1週間後に迫ったメモリアル音楽祭を頑張るつもり

    だ。

    | 小唄ちゃん | - | 03:38 | comments(0) | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 03:38 | - | - | - | - |
      コメント
      コメントする


          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      bolg index このページの先頭へ