blog index

本日出発!

興味を持ったこと、感動したこと、行動したことを綴っています。
第九の里コンサート!
0

    8月3日、忙しい中であったが思い切って「第九の里コンサート」に出かけた。

    初めて立ち上げる10月27日、私たちが実施する「なると合唱祭」に出演する際

    の参考にするためだ。

     

    ドイツ館周辺の混雑ぶりは予想した通りで、入場開始の時間よりも早めに行った

    が、駐車するのも一苦労。当日よく考えて計画しなくては…とまず思った。さて

    ホール内は自由席で、すでに半分以上はふさがっていた。一人だったので比較的

    前の席に座ることができた。地域自治振興会の方たちの手作りの看板、運営で始

    まった。

    舞台の広さ・ピアノの位置・立ち台3段などを目に入れ、私たちがどの位置に立

    ち、伴奏の箏楽器をどこに置くかなど考え、また会場の椅子の並べ方などもよく

    見ておいた。

     

    演奏が始まり、可愛い保育園児の歌・衣装・小学生の歌・楽器演奏などを聴いた

    が、最も感動したのはO中学校のコーラスだった。すごくうまい。高音・低音の

    バランス・ハーモニーの美しさに聴き惚れた。以前聴いた時も熱心に指導されて

    いるなあと思ったが、今回はあの指導者がいなくなったと聞いていたので、そう

    期待していなかったが、更にうまくなっている。細やかな指導ぶりに感心した。

     

    特別出演の尺八・箏演奏はやっぱり期待通りで、こうした和楽器の優れた演奏を

    子どもたちに聴かせておくことはとても有意義な試みだと思った。地域の方たち

    の大人の大正琴演奏なども取り入れ、一体となった演奏会運営は良かったが、自

    分たちの演奏が終わるとさっさと帰り、聴こうとしないのはどうかと思われた。

    あまり長時間な演奏会は、無理なようにも思われ考えさせられた。

    | 小唄ちゃん | 音楽 | 03:04 | comments(0) | - | - | - |
    オペラ鑑賞!
    0

      一昨日、日曜日にびわ湖ホールへオペラ「トゥーランドット」を観に行った。

      「市民コンサート徳島」の夏の会員交流会の企画で、友達と2人で参加すること

      にし、楽しみにしていた。

      前日の夜、バスの乗車場所を電話で確認し安心して寝についたが、朝6時ごろ

      電話があり、夜中に腹痛でとても参加できそうにない状態になったこと、今は

      良くなってきているが・・・遠距離だから参加できそうにないとのこと。

      急遽2人で参加できそうな友人に電話してみたが、予定があったり連絡のつか

      ない人もいて、結局私1人で参加することになった。

      朝8時に家を出て「とくとくターミナル」へと向かい、近くの教え子M子さん

      宅に駐車、バス停に行くと5・6人の人が待っていた。やがて徳島よりバスが

      来て乗車。すぐ代表のS氏に友人が欠席することを報告。私は一人で一番前の

      座席に腰を下ろし大津へと向かった。

       

      高速道路をどんどん走り、大津駅前に来るとバスが停車。ここでいつも花束を

      差し入れして下さるOさんが乗ってきた。横浜へ行っていたので、途中乗車と

      なったとのこと。ここで私はふと岐阜に昔の友人がいることを思い出しS氏に

      話すと「チケットが余っているので、ダメもとでもいいから誘ってみたら…」

      とおっしゃるので電話してみると「今からすぐ向かいます」との返事だった。

      すでに11時30分、間に合うかな?

      ドイツ風のレストランで昼食をすまし、ホールへと向かった。2時開演なので

      、ロビーで待ち合わせるつもりだったが、電話を入れてみると2時半位でない

      と到着できないとのこと。すぐS氏がチケットを受付へ預けておく手続きをし

      て下さり、私は自分の3F25席へ座った。

      スケールの大きい舞台で、オーケストラ・大合唱の見事な演奏の幕開けにびっ

      くり、これぞ本場のオペラだ。素晴らしいアリアの歌声に魅せられ、あっとい

      う間に1幕が終わり休憩となった。

      そうだ。Yさんは?後ろを振り返ると、私の隣席に立ち止まる人が・・・見れ

      ば、何年振りかで会うYさんだった。高齢化している2人。白髪姿のYさん。2

      幕目からは並んで鑑賞!若き日、青年団で一緒にコーラスしていた仲間の男性

      ・テノールの美声のYさんが臨席でオペラを観ている!まるで夢のようだった。

       

      2幕・3幕と終わり、アンコールを何回も繰り返し、全身を耳にして鑑賞したオ

      ペラは終わった。彼は岐阜から2時間半かかり、滋賀県の「びわ湖ホール」へ

      、私の突然の電話お誘いにも拘わらず出向いた来た.昔から歌の好きな誠実な

      人柄の人とは思っていたが、そのままの人だった。よくこんな遠くまでやって

      きてくれたものだ。

      素晴らしいオペラ鑑賞とともに、思いがけない出会いの良き日のことは、いつ

      までも私の心に残るだろう。

      今、私は彼が友人に「私と出会ったことを報告しているメール」と、私に送っ

      てきてくれた「Yu Tyubu画像・世界3大テノール」の歌声「誰も寝ては

      ならぬ」を聴き、素晴らしかった舞台を思い出している。

       

      | 小唄ちゃん | 音楽 | 20:26 | comments(0) | - | - | - |
      「全国おかあさんコーラス大会」県予選を終えて!
      0

        昨日6月22日(土)は、私たちコーラス団体が最も力を入れて参加している大

        会であった。今年も早くから曲を決め、練習に取り組んでいた。22団体がしの

        ぎを削って練習した成果の問われる日でもあった。

         

        徳島市の阿波銀ホールでの開催で、10時30分開会であったが、私たちは事前に

        発声・練習をするため9時に徳島市民劇場事務所2階に集合した。今まではホー

        ルすぐ裏の新町川に沿った場所で練習していたが、ふと思いついて目の前にあ

        る徳島の事務所をお借りすることにした。鳴門市民劇場の私がコーラスに入っ

        ているとのことで、常任委員会ですぐ承認された上、役員の方が日曜日でお休

        みにもかかわらず、ご厚意で事務所のカギを開けに来てまで下さった。

         

        役員のIさんはとても感じのいい方で、私たちが遠慮なく練習できるようにいろ

        いろ声をかけて下さったり、練習の後お茶を飲んでいるときには「鳴門市民劇場

        は素晴らしいなあ! 毎例会会員を増やしている!」などと、いっぱいお褒めの

        言葉をかけて下さった。市民劇場に入会していない私たちの友人までも感心して

        「みんな頑張っているんやなあ!大きな組織の徳島の人にまで褒められるとは」

        との言葉に、私は本当に嬉しかった。

        こんなところで思いがけなく、コーラスの仲間の前で、鳴門が褒められたことが

        最高に有難かった。練習の後にも、「私たちも午後から聴きに行くけん、頑張り

        なよ〜」と励ましの言葉まで下さった。なんていい人なんだろう〜 お休みの日

        にわざわざ鍵を開けに来る労を取って下さった上に、こんなに有難い言葉を次々

        言って下さるとは〜! 鳴門は徳島の方たちが作ってくれた組織で、大恩のある

        組織で、今回のような違った面でのお願い事も遠慮なく聞いてくださいます。

         

        頑張らなくてはと午後の本番には、精いっぱい歌い、みなさんには「きれかった

        よ」と褒められたが、如何せん。県代表の壁は厚かった〜。今まで県代表には8

        回も選ばれていただけにがっかりしたが、どんどん若返っているコーラス団体が

        出だしただけに、特殊な「お母さんコーラス」そのものについての研究もしなけ

        ればと思った。応援してくださったみなさん! 徳島市民劇場の役員さん!そし

        てIさん。この度は本当にどうも有難うございました!

         

        | 小唄ちゃん | 音楽 | 14:26 | comments(0) | - | - | - |
        声楽コンサートのW鑑賞!
        0

          3月6日(土)は昼・夜の2つの声楽コンサートがあり、徳島へ出かけた。

          今春は、音楽関係のコンサートが目白押しである。義理があり参加しなければ

          ならないのと、自分が少々疲れていても参加して聴いてみたいものがある。

           

          さて、この日はラッキーなことに、どちらも自分が運転せずに、乗せて行っても

          らうことができた。まず午後1時から始まるO先生の門下生(鳴門教育大関係)

          が歌う会は、アスティ内のときわホールで実施するということで、Yさん母運転

          の車で徳島へ出かけ、昼食をとってからホールに入り鑑賞した。

           

          この会は昨年も聴いたが、今年は皆さん更に上達してきれいな歌声を聴かせてく

          れた。知っている方がたくさんいるだけに、とても楽しく聞くことができた。

          小ホールなので響きもちょうどよく、目指すYさんはソプラノのKさんとのデュエ

          ットで、響きもよく表現もよく工夫されていて、「うまくなっているなあ」と感

          心した、

           

          終了後、1度鳴門まで送って帰ってもらって、20分後再び夜のコンサートに出直

          した。何とも慌ただしい限りである。今度はコーラス仲間のOさんが迎えに来て

          くださって、友人3人と徳島の教育会館である波多野睦美リサイタルを聴きに行

          った。県合唱連盟の主催行事で、是非聴いておくように言われたのだが体調が悪

          いのか声に力がなく、魅力に欠ける歌声・トークだった。声楽家は体が楽器とな

          るだけに、体調管理が大変だなあとつくづく思われた。

           

          | 小唄ちゃん | 音楽 | 10:53 | comments(0) | - | - | - |
          「アカデミー合唱団」コンサートに参加して!
          0

            昨年に引き続き、今年もこのコンサートに参加した。

            鳴門教育大の院生や卒業生によるこのコンサートは、なかなかレベルの高い演

            奏で、美しいハーモニーを聴かせてくれる。バッハのカンタータや、ルネッサ

            ンスの宗教曲に取り組み、指揮者が曲の朗読や解説をして下さるが、専門的で

            詳しくは分からない。

             

            日常聴きなれないこうした曲ばかりの演奏だが、歌声・ハーモニーは美しい。さ

            すが専門家ばかりの集団だ。ピアノ伴奏も美しいが、欲を言えば昨年のようにミ

            ニオーケストラの方が、スケールが大きく響きが美しい。それぞれのパート独唱

            者もいて演奏に変化があったが、ソプラノだけは3名の方の合唱だった。この中

            のHさんは「オペラ徳島」で結構美声を発揮していたので、ソロであっても大丈

            夫だと思われるが、原語で歌うのは無理だったのかな?それとも音域がメゾ・ソ

            プラノなので無理だったのかな?

             

            私の知っている方が何人もいて、それぞれの方が合唱団の指揮者である。難しい

            曲に挑戦できるのも当然と思われるが、自分の率いる合唱団の指導もあり練習す

            るのは大変だったと思う。来年は、1階の大ホールでの演奏になるそうだ。これ

            からも1年がかりで、しっかり研鑽を積まれることだろう。

             

             

            | 小唄ちゃん | 音楽 | 07:34 | comments(0) | - | - | - |
            和楽器・洋楽器の融合!
            0

              2・3年前から、私は日本古来の和楽器の良さに目覚め、そうした関係の演奏会

              に参加している。今年2月2日は県阿波銀ホールでの「AWA伝統芸能創造発信

              ・邦楽と洋楽の止揚」、2月3日は鳴門市ドイツ館での「大谷祥子・ジャポニズ

              ムコンサートin徳島〜日本を寿ぐ、新春を祝う〜」コンサートに参加し、和・

              洋楽器の音色に耳を傾けた。

               

              阿波銀ホールでは、「箏合奏を伴奏にコーラスする演奏」の音の響きに特に注意

              して聴いた。ドイツ館では,「箏・尺八・笙・ピアノ」合奏の音色に注意して聴

              いた。いずれも見事に調和した演奏て何ら不思議な点はなかった。編曲が無理な

              くできていたし、演奏技能も巧かったからかも知れないが・・・

               

              和・洋楽器の融合なんて、そんなに容易くないと思い込んでいたのだが、現代的

              な演奏分野では当たり前化しているのだろう。これなら私たちの演奏会でも実施

              して披露できるだろう・・・

               

              今年10月27日には、新たに「なると合唱祭」を開催する。2016年に私たちが実

              施した「野口雨情メモリアル音楽祭」に出演してもらった市内コーラス団体8団

              体を母体として、他に出演団体を募り開催する。その中に私たち実行委員会が新

              たに結成した「アンサンブル・小唄姫」も出演するが、その時に「和と洋の融合

              」を目標とした演奏をしたいと、もっぱら研究中である。来たる15日には、箏演

              奏家のEさんと私たち役員が出会って、どんな演奏をするか話し合うことにして

              いる。

              | 小唄ちゃん | 音楽 | 11:56 | comments(0) | - | - | - |
              コーラス45周年コンサート終わる!
              0

                11月25日(日)私の所属している「合唱団なると」の定演が終わった。私は平

                成4年より入部しているので、26年を経過したことになる。

                入部してすぐの平成5年には、第48回国体が徳島県で開催され、鳴門運動競技

                場で式典音楽隊として参加、何度も競技場スタンドで歌う練習をしたことを思

                い出す。平成6年には合唱団創立20周年記念演奏会に出演、その後5年ごとに

                演奏会を開催しているのにすべて出演してきた。

                また「全国おかあさんコーラス大会」にも毎年出演、県代表として何回も日本

                各地で開催される演奏会に参加してきた。

                 

                楽しい思い出があり、その都度熱心に頑張った思い出がある。元気に張り切っ

                てこなしてきたが、今年85歳を迎える私には、さすがに体力の衰えを感じ、立

                って長時間歌うのはつらい。開催日が近づくにつれて練習量が増えるし、また

                夜の練習に出かけるのは車の運転も気になり、正直言ってもう限界が来ている

                のではないかと思われる。一緒に出掛けている1歳年上のAさんは、先日来体調

                を崩して休んだり、椅子に座ったりと苦しそうである。

                 

                こんな状態の中だが、それでも皆さんと一緒に舞台に立ち歌えた。周りの友人

                がそっと椅子を構えて下さったり、ねぎらいの言葉をかけて下さるのが何より

                も有難かった。指揮者のY先生の熱意には頭が下がる。毎回私たちの歌声を録

                音し研究して来て、次回の練習に臨む。70歳を超えたが長時間立ったままで指

                導して下さっている。

                 

                お蔭で、演奏会では日頃の力を発揮して十分楽しく歌えた。1部・2部・4部とも

                それぞれ表現の仕方を変えて心を込めて歌った。演奏会に来て下さった多くの方

                からお褒めの言葉を頂くことが出来た。充実したこの何日間かを思うと、歌うこ

                とが好きな私にはここで辞めるのは忍び難い。退け時とは思うが、また主人をい

                つも放たらかしにしてばかりでは先の短い2人・・・あとで後悔するようではい

                けないと思う。

                 

                あんなこんなで、45周年記念演奏会は終わったが、当日たくさん聴きに来て下さ

                った方たちのお蔭で、私たちは力を貰い元気に歌えた。皆さんに心から感謝して

                いる。

                | 小唄ちゃん | 音楽 | 05:11 | comments(0) | - | - | - |
                ドイチェスフェストinなると!
                0

                  昨日は「川東公民館まつり」があり、プログラムトップに「童謡を歌う会・浜

                  千鳥」が出演した。ここを練習会場として利用させてもらっているので、毎年

                  お礼の意味もかねて参加し私も歌っている。今年は「歌え野に山に・小鹿のバ

                  ンビ・森の小人・みかんの花咲く丘」などの童謡を二部合唱した。

                   

                  さて今日は「ドイチェスフェストInなると」がドイツ館であり、「浜千鳥」は

                  同じ曲を歌った。このイベントは、古くは参加していたが遠距離でもあり、高

                  齢化した私たちは参加しにくいので最近は出かけていない。だが今年はこの会

                  の最後になるとの事で、思い切って参加した。残念ながら、他の行事と重なっ

                  た・遠距離で足がないなどの理由で、会員が40名近くいるのに、出場者は20名

                  足らずであった。だが、ドイツ館はホールがそう広くないので、歌声はバッチ

                  リ届いたようだ。

                   

                  プログラムの終わりの方で、私が所属しているもう一つの団体「合唱団なると」

                  が歌った。欠席者もいたが、こちらの方は3部合唱が十分できる人数30名近くが

                  出演し、日頃練習している通りしっとりとそして歯切れよく歌えた。

                   

                  このイベント、今年が最後となる。市内合唱団が8つも参加しているので、この

                  勢いを来年につなげようと、今、市合唱祭を開催することに決定して、企画中で

                  ある。各合唱団とも一段と上手になり、十分期待できる演奏が出来るだろう。

                   

                  | 小唄ちゃん | 音楽 | 06:51 | comments(0) | - | - | - |
                  Sさんのバイタリティー!
                  0

                    あれから3回目、昨日も友人と3人で歌声レストランに参加した。来るたびに

                    参加者が増えている。昨日は、小松島から鳴門の私たちの「童謡を歌う会」に

                    やってきているMさんに出会った。彼女は心底歌うのが好きなようで、他にも

                    いろいろな所へ行っているようだ。

                     

                    13:30より始まるので、その前に食事を済ませた。歌リードのSさんも丁度食

                    事をしていた。世話役のMさんとの両人に挨拶をすると「来てくれて嬉しい」

                    とたいそう喜んで下さった。この前のブログにも書いたが、私にとっての恩人

                    だから、頑張っている二人に応援をしたい気持ちもあって、徳島まで出かけて

                    いるのである。

                     

                    今日も1部・2部を通して全部で25曲も歌った。次々と歌リードするSさんの

                    美声に私の友人たちはすっかり感心。あんなに声が出たらいいなあと感心。間

                    に軽い冗談やら歌にまつわる話などをして退屈させない。おおよそ2時間も全

                    部歌ってリードしてくれている。80歳後半に向かっているのに良く続くものだ

                    なあ。それにも増して感心したのは、伴奏をして下さっているアコーディオン

                    奏者の老男性だ。どの曲も軽やかにリズミカルに正確に演奏して、絶対間違わ

                    ない。前奏から始まり次々と楽譜も見ないで、疲れも見せずに2時間を伴奏し

                    続けた。かなりの高齢者であるのに・・・ 参加者は童謡・名曲・歌謡曲と美声

                    のリード・巧みな伴奏に乗って気分よく次々歌って楽しみ、すっかりいい気分

                    になって帰って行った。

                     

                    歌が歌えるって〜 歌を通して人を楽しませるって〜 やる気さえあれば何歳

                    になってもやれるもんだなあ〜 Sさんの生き方に大いに感心し、刺激を貰っ

                    て〜 楽しく解放された気分になって帰って来た。

                     

                    | 小唄ちゃん | 音楽 | 05:52 | comments(0) | - | - | - |
                    エグチ・ワールド・カンパニー!
                    0

                      去る6月24日、鳴門市文化会館で「エグチ・ワールド・カンパニー」とくしま

                      音旅ライブを聴きに行った。随分前になるのだが、私はあの時の聴衆の多さ・

                      会館いっぱいの人が集まった光景が忘れられないでいた。無料ということもあ

                      るが、なぜあのように大勢の人を集客できたのか?

                      私は「鳴門市民劇場」・「なるとDeシネマ」の役員をしていて、人集めの大

                      変さを知っているだけに、どんな運営の仕方をしているのか是非聞いてみるべ

                      きだと思われ、人を介して先日13日に当日の運営に参加していたTさんと出会

                      って話を聞いた。

                       

                      やっぱり推察通りだった。お話を聞いてみるとその努力たるや大変なものだっ

                      た。何よりも綿密な計画を立てて、取り組んでいることに感心!その計画に従

                      って、会員が総力を結集して実践している事にも感心!これだからあんなに多

                      くの人がやって来ていたんだと納得した。主催は「教育倫理プラザ」というN

                      PO法人だが、ちょっと言葉が難しく宗教団体と間違われることがあると言っ

                      ていた。人々の幸せを願っての活動だが、社会奉仕・健全な子育て応援・芸術

                      鑑賞など広範囲にわたっての活動をしている。

                       

                      私のしている活動と同じ分野があり、初めての出会いであったが意気投合して

                      楽しくお話を聞くことが出来た。特に私の教え子が千松小学校の教師をしてい

                      て、子供たち5・60人もつれて来て歌の指揮をしていたこと・Tさんの亡き義

                      母が市民劇場会員だったこと・チラシ配りに鳴門市の量販店へ行っている事な

                      ど話し合い、他に参考になることも聞くことが出来た。

                       

                      これを機会に、私たちの活動も見直してみるべき点があり、お互いに真似るべ

                      き点も見つかった。ちなみに、私たちが「オケ老人」映画上映会の時、上映の

                      音楽に合わせて、みなさんもペンライトで指揮したが、とてもいい感じだった

                      のでこれを真似たとの事。この日の会場のみなさんも、最後の場面は音楽に合

                      わせてペンライトを楽しく振って終わりにした。ムードがあり好感度抜群、子

                      供たちも舞台上で楽しそうに振った。私も大きく振った。

                      | 小唄ちゃん | 音楽 | 10:32 | comments(0) | - | - | - |
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>

                      bolg index このページの先頭へ