blog index

本日出発!

興味を持ったこと、感動したこと、行動したことを綴っています。
和と洋の融合供.灰鵐機璽函
0

    話があと先になるが、先日の日曜日は友人3人とドイツ館へ行ってコンサートを

    聴いた。昨年初めて演奏会を聴いて感心したので、期待しての参加だった。

     

    鳴門教育大学大学院で出会った3名が企画して、研究的に演奏を繰り広げている

    が、今年も素晴らしい演奏であった。和と洋のコラボ、つまりバイオリン・箏・

    ソプラノの3名がうまく融合して、素晴らしいハーモニーを奏でていた。

     

    こんな場合、まず異なる楽器をどう融合させるか?その作曲が大変だと思った。

    有名な楽曲・歌曲を取り上げていたが、美しく響き合うようにするためにどんな

    メロディーを取り上げるか?原曲を損なわないようにするために、聴いては書き

    直しと何度も検討したことだろう。より良いメロディー・ハーモニーとなるよう

    に検討し合った労苦を思うと、素晴らしい挑戦だと思った。若者がこうした分野

    に取り組む県の音楽界のレベルも大したものだと思った。

     

    箏演奏のEさんは、私の付き合っている友人の娘さんで、県邦楽会の事務局長を

    している。その娘さんも今年東京芸大を卒業し演奏に加わり、親子で演奏。見事

    に成長されていた。

     

    最後の演奏曲、「第九・歓びの歌」は全部の楽器の上に、高校3年生の男子の吹

    く「尺八」も入っていて、見事な演奏で終わった。何曲もの和と洋の楽器を巧み

    に組み合わせての努力を思うと頭が下がる。

     

    私たちは、やがてやって来る10月の「なると合唱祭」に、Eさんにお願いして

    私たちのコーラスと、箏とのコラボをお願いしている。どんな編曲をしてくださ

    るか今から楽しみにしている。

    | 小唄ちゃん | コンサート | 13:51 | comments(0) | - | - | - |
    県内会議参加!
    0

      昨夜は徳島市民劇場の事務所で、鳴門・徳島合同の5月例会実施後についての総

      括をした。以前から例会が終わるたびに、お互いに経過・方策・結果・反省など

      を話し合い、良いところを学び合い・反省し、次回に向けての方向付けをしてい

      る。

      私は今の事務所に移ってからは初めての参加で、随分久しぶりの参加である。鳴

      門からは私を含めて8人の参加で、私は近日徳島の事務所をお借りする要件もあ

      りの参加で、懐かしい徳島の人々と出会った。皆さん真剣に話し合い、何として

      も会員数が拡大して組織が健全に向上していくように願っている。

       

      今回の例会は、徳島・鳴門両組織とも会員数は前例会をクリアして発展に結びつ

      き、本当によく頑張っている。とりわけ徳島の方は運営サークルの方が、真剣に

      取り組むようになり、目標に沿った運営ができだしたとの報告があり、嬉しく思

      った。会員数を増やすということは本当に難しいことで、鳴門もいつも例会ぎり

      ぎりまで努力してやっとクリアに結びついている。妙薬などない。市民劇場の良

      さを理解してもらって、観劇に興味を持っていただき、楽しむ仲間を増やすのだ

      が、なかなか思うようにいかない。

       

      鳴門は今はクリアが続いているが、徳島もあと少しの努力でみんなに理解される

      ようになると思われる。早く意思統一をして役員が同じ方向に向かって一丸とな

      り根気よく努力して、かつての力を取り戻してほしいものだ。

       

      古くからの委員参加は、三宅さんだけで少々淋しく思った。組織を愛し見守って

      いく古き良き方がもう少しいてくれたら・・・それにしても思いがけなく三宅さ

      んに会えたのは本当に嬉しかった。

      | 小唄ちゃん | - | 21:03 | comments(0) | - | - | - |
      久しぶりの旅
      0

        5月23日、主人と「休暇村南淡路」へ出かけ、ゆっくり夜を過ごし1泊して帰っ

        た。24日は朝からK小学校へ友人3名と出かける予定であったが、急遽、主人に

        松茂空港へ送ってもらい、福岡へ飛んだ。1日2往復松茂から出航して福岡へ飛

        んでいるのは知っていたが、まさか自分が利用するようになるとは想像もして

        いなかった。

         

        福岡は、長男が2年間学生時代を過ごしてお世話になった地である。また私の教

        え子撫養小2年担任児童で、60年位たった今も年賀状のやり取りをしているF子

        の住む地でもある。何度も一度行きたいと思ったが、叶っていない。それが思い

        がけない要請で一人で会いに行くことになったのである。

         

        福岡への空港利用は初めてでなんとも心細い限りであったが、運よく平日シル

        バー席が空いていて運賃もお安くなり、知らない空港でも聞きさえすれば、間

        違わずに到着。携帯があるから指定の場所へ苦労なく行けて出会え1泊、息子が

        お世話になった家にも出かけ、お礼を言うことができた。

         

        満足した私は、このまま帰るのは勿体ない。この機会をとらえてもう一か所・

        予ねてから行きたいと思っていた地へ足を延ばすことにした。博多から新幹線

        に乗り厚狭で乗り換え、美弥線で長門へ向かったのである。コーラスで歌った

        心に残る曲を作詞した金子みすゞの故郷へ出かけ、みすゞの人生に触れてみる

        ことができた。10年位前に歌って感激した当時の事が甦る。「こんな素晴ら

        しい詩を作ったのはどんな人だろう?」ちょうどパソコンを使い始めた頃だっ

        たので、夢中になってこの地のことを調べ、素晴らしい詩の数々や、作れた背

        景・不幸な人生のことを知った。あの時から機会があれば、いつかはこの地を

        一度は訪ねてみたいと思っていたのである。美しい日本海に面した小さな漁村

        ・島々を目におさめて帰ってきた。ああ疲れた。だが、この歳になってこんな

        冒険ができた健康、思い切って決断した旅行、送迎してくれた主人に感謝して

        いる。

        | 小唄ちゃん | 旅行 | 11:57 | comments(0) | - | - | - |
        ジャポニズム・徳島公演!
        0

          5月12日(日)徳島城博物館へ3人で講演・箏演奏を聴きに行った。知人から

          チケットをいただいたからである。講演は元号【令和】を考えたといわれる中

          西進氏で「輝ける日本女性ー細川ガラシャ、美しくも凛々しくー」との演題で、

          戦乱の時代、明智光秀の娘として生まれ、時代に翻弄されながらも自分の生き

          方を貫き通したガラシャの魅力を語られた。日本文化について深く研究され、

          文化勲章まで受章されている今を時めく有名な方から、有意義なお話を直接聞

          くことができ、自分の生き方をしっかり見つめてみる良い機会となった。

          また、はじめ・終わりに演奏された大谷祥子さんの箏演奏は、これで3度目に

          なるが、今更ながらに素晴らしいと思った。流れるような曲想を演奏するその

          手の動きは全く魅力的で、背景の庭園の美しい風景と相まって、この世のもの

          とは思えないようないい響きであった。まさに輝ける女性そのものであった。

           

          良い企画に招待してくださったTさん・徳島まで運転し同乗させてくださった

          Sさんに、心から感謝している。

          | 小唄ちゃん | - | 13:54 | comments(0) | - | - | - |
          第27回放美展!
          0

            昨日は、県美術家協会主催の放美展が最終日になるので観に行った。毎年春に

            は放美展、秋には県展があり、鑑賞するのを楽しみにしている。日本画・洋画

            ・書道・美術工芸・写真などの部門があり、以前は友人が挑戦して受賞すると

            きもあるので楽しみにしていた。最近はみんな高年齢となり才能がありながら

            意欲をなくしたり、亡くなってしまった方もあり、殆どが知らない方ばかりの

            入賞者だが、観るのは楽しい。

             

            やっぱり受賞作品は重みがあり、よく観察していて細かいところの表現ができ

            ている。そして何を表現したいのか、その意図がはっきりしている。そういっ

            たことを読み取りながら鑑賞するのはとても楽しい。と、言っても私自身は不

            器用で、全く絵心が無く描けない。

             

            かつて教員をしていた時代に、児童画コンクールに入選させたくて、専門の先

            生にお聞きしていろいろ研究し、クラスで優秀賞・入選などの賞をたくさん取

            らせた時の嬉しさを思い出す。何かに苦労したことは、きっといつか役立つこ

            とがあるんだなあと懐かしくもあり思い出す。

            | 小唄ちゃん | 美術 | 13:09 | comments(0) | - | - | - |
            キンカンの甘煮!
            0

              令和の時代に入り祝賀のムードにあふれ,この5月連休は10日間もお休みが続

              く。人ごみの中に出かけるのは疲れるので、もっぱら家で休養することにした。

              といっても,帰京して来た息子たちと半分は過ごしたので、掃除・寝具の用意・

              食事の準備などで結構忙しかった。帰った後の始末に老いた両親の手を煩わすの

              はいけないと思って、朝からシーツの洗濯・乾燥を済ませ、布団類は押し入れに

              、部屋の隅々まで掃除、びっくりするくらいキレイに片づけて帰っていった。高

              速運転は疲れるだろうなあ!親を忘れず帰ってくるんだから少々の忙しさはいい

              と思わなければ・・・

              あと3日間ある。といっても今日は昼からひかりやさんでのライブを聴きに・・

              ・ぺニーレインさんが頑張っているので聞きにいかなくちゃ〜 Gさんも来た。

               

              残りは2日、何もないよりは充実していて良いと考え、残りの日々をのんびり過

              ごすことにした。久し振りに日曜昼間のテレビを見た。大河ドラマ「韋駄天」の

              メインテーマを演奏するN響の番組があったが、とても面白く編成されていた。

              オーケストラの生演奏の後ろに大きなスクリーンがあり、画面いっぱいにオリン

              ピック入場の様子、昭和30年代の町の風景、必死に駆け抜ける韋駄天の映像が

              写されたが、とてもリアルで自転車で追いかける時の音楽「自転車節」などの演

              奏が面白かった。最後に観客・出演者すべてを巻き込んでの演奏は楽しさいっぱ

              いで、指揮者の身振り・指先きの動き、ジャンプする指揮は見ていてウキウキし

              いい休養になった。

              また先日来、何人かにいただいていたキンカンをやっと煮ることができた。ネッ

              トを見て研究し、自分流に甘く味付けしたキンカンを、いただいた方に差し上げ

              ることもできた。

               

              | 小唄ちゃん | 食べ物 | 15:48 | comments(0) | - | - | - |
              第32回「「なるとDeシネマ」上映会
              0

                4月13日は、なるとDeシネマ「空飛ぶタイヤ」の上映日だった。

                最近、観客数に陰りが見え出したので、今までの主婦向きの作品と違って趣向

                を変えて、中・小企業の頑張りと正義感をテーマとした、社会問題を取り扱っ

                た映画にした。男性向きの作品なので少し難しいかとも思われたが、結構興味

                深く「おもしろかったよ」とか「良い作品を選びましたね」など、たくさんの

                方からお褒めの言葉をいただいた。

                 

                この日に先立って、私たちは自信を持って皆さんに勧められるようにと、この

                映画を鑑賞しておいた。胸にじいんと響く正義を貫く熱意。人の死を真剣に考

                えて立ち向かっていく勇気。感動的な作品だと皆さんに話し、鑑賞を呼びかけ

                た。

                 

                晴天に恵まれ、上映前から会場入り口に立ち並ぶ人の列を見て、今回こそは入

                場者数更新ができるかと思われたが・・・上映後好評の言葉も多数あったが・

                ・・ 期待したように入場者数は伸びなかった。どんな対策を取ったらいいの

                か・・・? だが、今回シネマ通信に掲載した記事のように、県下の他団体か

                ら見ると、県下で最高数の入場者を迎えていると、評されている。

                 

                これに慢心せず、今回皆さんに書いていただいたアンケートをもとに、しっか

                り考察・有意義な話し合いをして、次回上映会に臨みたいと思っている。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                | 小唄ちゃん | 映画 | 12:27 | comments(0) | - | - | - |
                声楽コンサートのW鑑賞!
                0

                  3月6日(土)は昼・夜の2つの声楽コンサートがあり、徳島へ出かけた。

                  今春は、音楽関係のコンサートが目白押しである。義理があり参加しなければ

                  ならないのと、自分が少々疲れていても参加して聴いてみたいものがある。

                   

                  さて、この日はラッキーなことに、どちらも自分が運転せずに、乗せて行っても

                  らうことができた。まず午後1時から始まるO先生の門下生(鳴門教育大関係)

                  が歌う会は、アスティ内のときわホールで実施するということで、Yさん母運転

                  の車で徳島へ出かけ、昼食をとってからホールに入り鑑賞した。

                   

                  この会は昨年も聴いたが、今年は皆さん更に上達してきれいな歌声を聴かせてく

                  れた。知っている方がたくさんいるだけに、とても楽しく聞くことができた。

                  小ホールなので響きもちょうどよく、目指すYさんはソプラノのKさんとのデュエ

                  ットで、響きもよく表現もよく工夫されていて、「うまくなっているなあ」と感

                  心した、

                   

                  終了後、1度鳴門まで送って帰ってもらって、20分後再び夜のコンサートに出直

                  した。何とも慌ただしい限りである。今度はコーラス仲間のOさんが迎えに来て

                  くださって、友人3人と徳島の教育会館である波多野睦美リサイタルを聴きに行

                  った。県合唱連盟の主催行事で、是非聴いておくように言われたのだが体調が悪

                  いのか声に力がなく、魅力に欠ける歌声・トークだった。声楽家は体が楽器とな

                  るだけに、体調管理が大変だなあとつくづく思われた。

                   

                  | 小唄ちゃん | 音楽 | 10:53 | comments(0) | - | - | - |
                  今年の花見山は最高だった!
                  0

                    待ちに待った春がやってきた。4月3日は桜見物! 満開の花見山へ行った。

                     

                    以前から約束していたMさん夫妻をご案内して、Fさんと私の4人が10時に集

                    まり出かけた。何と何と!今までで最高の美しい枝垂桜の群生だった。(私を見

                    てください)と言わんばかりの満開で、枝先の一輪一輪まで美しく咲き誇り、地

                    面にはひとひらも散っていない。

                     

                    はじめてのMさんは、鳴門にこんな美しい桜の山があるとは・・・!野口雨情は

                    80数年前にこの近くへやってきて、根上がり松を見たのだなあ・・・!その時

                    に桜が咲いていたらなあ!などと、1昨年私たちが劇化した「雨情、鳴門へ!」

                    のストーリーを思い出している。

                     

                    山頂の洒落た2階建ちの建物の周囲を回り、裏山にまで咲いている桜見物をして

                    、ピンクの桜の花の根元に植えられている「黄金マサキ」の対照的な黄色の彩

                    の美しさを愛でてから、中に入りお弁当を食べることにした。きちんとした机

                    椅子が用意されていて、Fさんが花見弁当4人分とビール何本かを持ってきて下

                    さっていたのを並べた。のどが渇いていて本当に美味しかった。昔から「花よ

                    り団子!」という言葉があるが、日本人ってやっぱりこの言葉が似あうなあ!

                    Mさんもいろいろな果物やお菓子を持ってきて下さっていて美味しくいただい

                    た。

                    建物の周囲を行き交う人々を見るのも楽しい。のんびり山頂から周囲の美しい

                    鳴門の海を見下ろすのも、一幅の絵を見るようで、久々に新鮮でいい匂いのす

                    る山の空気を味わった。

                     

                    カートに乗って山を下りる道の両側の桜が、また違った美しい桜並木の風景に

                    見えた。「鳴門の山も捨てたもんじゃない」。こんな素敵な桜の木々をいっぱ

                    い植えて下さり、人々を楽しませて下さっている方の努力に、心から感謝して

                    山を下りた。

                    | 小唄ちゃん | 季節」 | 16:23 | comments(0) | - | - | - |
                    第12回小唄サロン実施!
                    0

                      去る3月30日、久しぶりに「小唄サロン」の会を実施した。3年位前から実施

                      している「鳴門小唄」の踊り普及を願っての行事の1つである。多忙さの中実行

                      委員の体調を考えながらの実施で、昨年は9月に実施してから小休止、やっと思

                      い立って実施したが、今までで最高の人数32名が参加してくださった。

                       

                      実行委員は7名が参加、いつものように「ひかりやさんのギャラー」1階・2階

                      をお借りしての実施だが、音響設備の準備・机椅子の片づけ・設営などすべて社

                      長さんが手伝ってしてくださり、しかも使用料は無料である。こんな有難いこと

                      はない。

                       

                      準備は前日の夕方にして、当日は朝9時集合。それぞれが分担して必要なものを

                      持ち寄ったが、私はコーヒー沸かし・ポット2本に満タンと、おしゃべりタイム

                      に皆さんに食べていただくお菓子購入であるが、お菓子のほかにキンカンの甘

                      煮を前夜作り準備した。そしてパソコンで、玄関前に提示する看板・当日のス

                      ケジュール表を作り持参した。

                       

                      顔なじみの皆さんが次々に集まり10時開始、楽しそうにやってくるみなさんの

                      お顔を見ると、つくづくやってよかったなあと思う。1階での「鳴門小唄」踊り

                      練習の後、2階での私のトークは、今回は「北原白秋」についてである。パソコ

                      ンでアニメーション化した資料を映写し、白秋の生い立ち・略歴等説明の後、

                      Aさんのキーボード伴奏にあわせて「白秋のうた」を次々歌い、最後の「から

                      たちの花」歌曲は、ソプラノ歌手の独唱の美しさのCDを聴き終わった。続いて

                      春の歌・さくらなどを楽しく歌い、「なぞなぞ」の回答・脳ボケ防止をして終

                      えた。最後に1階に移り、もう一つの「踊り天国」オリジナル踊りを踊ってい

                      ただき、散会した。準備は大変だが、集まった人たちの知識・教養が少しでも

                      向上することを願って頑張っている。

                       

                       

                       

                      | 小唄ちゃん | 季節」 | 13:34 | comments(0) | - | - | - |
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>

                      bolg index このページの先頭へ