blog index

本日出発!

興味を持ったこと、感動したこと、行動したことを綴っています。
暑い9月が終わった!
0

    9月、市民劇場例会の運営担当として、みんなで協力し会員増が出来、当日の運

    営もすべて巧くいき、前進座の素晴らしい演技・演出のお芝居は、全ての会員

    を感動させ、お蔭で最後に残っていた合評会も、事務所で食事つきの楽しい会

    となり終わった。

     

    週末に私の慰労・主人の誕生日を兼ねて、近くの淡路島国民休暇村へ行き一泊

    した。美味しい「のど黒」を食べに、ミニ旅行をし疲れを癒やした。何よりも

    良かったのは、思いがけなく出会った何とも言えぬ美しい風景であった。感動

    しきり!!目が点のようになり何度も眺めた。507号室の自室・2階の露天風呂

    ・どこから見ても美しい。

    南淡路と鳴門を結ぶ大鳴門橋と海岸線、美しい鳴門海峡の海・その海に浮かび

    小さく見える鳴門側の飛島、そして自分の目の前・淡路側に浮かぶ大きな島・

    上空の広い空には雲が浮かび、雲の切れ目の低い所は赤くオレンジ色の夕やけ

    が広がり、周囲の山の緑色を染めるよう。まるで一幅の絵を見るように美しか

    った。鳴門の反対側から見るとこんなに変わって見えるのかな。こんな近くで

    こんな美しい風景に出合えるのは初めてであった。

     

    10月は“「鳴門小唄」でいきいきなると”が参加する行事が目白押しだ。疲れた

    らまたこの美しい風景を見に行こう。

    | 小唄ちゃん | 鳴門小唄 | 09:15 | comments(0) | - | - | - |
    Sさんのバイタリティー!
    0

      あれから3回目、昨日も友人と3人で歌声レストランに参加した。来るたびに

      参加者が増えている。昨日は、小松島から鳴門の私たちの「童謡を歌う会」に

      やってきているMさんに出会った。彼女は心底歌うのが好きなようで、他にも

      いろいろな所へ行っているようだ。

       

      13:30より始まるので、その前に食事を済ませた。歌リードのSさんも丁度食

      事をしていた。世話役のMさんとの両人に挨拶をすると「来てくれて嬉しい」

      とたいそう喜んで下さった。この前のブログにも書いたが、私にとっての恩人

      だから、頑張っている二人に応援をしたい気持ちもあって、徳島まで出かけて

      いるのである。

       

      今日も1部・2部を通して全部で25曲も歌った。次々と歌リードするSさんの

      美声に私の友人たちはすっかり感心。あんなに声が出たらいいなあと感心。間

      に軽い冗談やら歌にまつわる話などをして退屈させない。おおよそ2時間も全

      部歌ってリードしてくれている。80歳後半に向かっているのに良く続くものだ

      なあ。それにも増して感心したのは、伴奏をして下さっているアコーディオン

      奏者の老男性だ。どの曲も軽やかにリズミカルに正確に演奏して、絶対間違わ

      ない。前奏から始まり次々と楽譜も見ないで、疲れも見せずに2時間を伴奏し

      続けた。かなりの高齢者であるのに・・・ 参加者は童謡・名曲・歌謡曲と美声

      のリード・巧みな伴奏に乗って気分よく次々歌って楽しみ、すっかりいい気分

      になって帰って行った。

       

      歌が歌えるって〜 歌を通して人を楽しませるって〜 やる気さえあれば何歳

      になってもやれるもんだなあ〜 Sさんの生き方に大いに感心し、刺激を貰っ

      て〜 楽しく解放された気分になって帰って来た。

       

      | 小唄ちゃん | 音楽 | 05:52 | comments(0) | - | - | - |
      9月担当例会を終えて!
      0

        9月例会「柳橋物語」が終わった。33例会連続クリアが続いている後の担当と

        いうこと・この例会後鳴門市民劇場20周年記念行事をするので、連続クリアを

        落とせないということで、責任の重い担当例会であった。

         

        例会2週間前には、担当者の努力の結果、早々と会員数クリア(34例会連続ク

        リア)に漕ぎ着けることが出来、全員がまずまずホッとした。私のサークルは

        お誘い目標数3名であったが、この時点ではまだ2名のお誘い数、その後努力し

        て1週間後にはあと1名お誘いすることが出来た。

         

        今回の私のお誘いでラッキーだったのは、お願いしたい方が自分から入会を申

        し出て下さったことだ。この方たちは一応予定に入れていたが、なかなか言い

        出しにくくて、タイミングを見計らっていた方たちだ。思い切って市民劇場20

        周年の話をし出したら、向こうの方から私の意を悟って「入会してもいいです

        よ」とおっしゃって下さった。本当に有難く思った。以前から関わりがあって

        私としてはその人たちに誠意を尽くして付き合ってきたつもりだ。人生いろい

        ろな所に繋がりがあり、出会った人には心して付き合っておかなくちゃ〜と思

        った。

         

        さて、例会作品は誰もが感動する素晴らしい舞台であった。担当として私は出

        迎え・手作りお菓子お通し・見送り・いづれも精いっぱいのことをして終える

        ことができた。多くの人に、演出・演技ともさすが前進座と称賛されていたの

        で、最後に残された26日・事務所での合評会は、1000円の会費できっと盛り

        上がり、楽しい会になるだろう。

        | 小唄ちゃん | 演劇 | 23:34 | comments(0) | - | - | - |
        k小学校の運動会!
        0

          昨日は、地域のK小学校の運動会であった。先日来より「鳴門小唄」を踊って

          頂きその指導をしていたので、本番はどうなっているか見るのが楽しみであっ

          た。

           

          前日は雨が降り、当日朝も曇りがちのあやしい天候で心配したが、どうやら無

          事実施できた。素晴らしい! プログラム1番のラジオ体操を見て、私はびっ

          くりした。昨年と比べて見違えるほど、きびきびと体全体が動いている。少な

          くなった人数だが、低学年から一貫して動きに真剣さがあり、精いっぱい頑張

          っている姿に感心した。こんなに巧く体を動かしてラジオ体操をしている学校

          は滅多にない。

           

          これなら「鳴門小唄」も大丈夫だろうと思った。その前の団体競技が終わるや

          否や、サッと踊りの隊形になった。みんな一生懸命踊っている。最初の練習日

          は時間がなく、ほんの20分位で基本をきっちり教えただけ。「あとから学級で

          しておきます」との校長先生の言葉通り、あまり期間もなかったと思うが、こ

          んなに練習しておいて下さった。本当に嬉しかった。

           

          踊りが終わって帰る時、ある来賓の方が「ちょっと短すぎるな。また先生方に

          言っておくからね」と言って下さった。そうなんです。この歌5番まであるの

          ですが、どんな都合なのか毎年「全曲踊って下さい」とお願いしているのです

          が、3番までで終わりにしているんです。

           

          来年はどうなるかな?どちらにしても何よりも嬉しかったのは、こんなに一生

          懸命に全校生が体を動かして踊るように、指導して下さった先生方に感謝・敬

          意を表している。

           

          | 小唄ちゃん | 鳴門小唄 | 17:25 | comments(0) | - | - | - |
          エグチ・ワールド・カンパニー!
          0

            去る6月24日、鳴門市文化会館で「エグチ・ワールド・カンパニー」とくしま

            音旅ライブを聴きに行った。随分前になるのだが、私はあの時の聴衆の多さ・

            会館いっぱいの人が集まった光景が忘れられないでいた。無料ということもあ

            るが、なぜあのように大勢の人を集客できたのか?

            私は「鳴門市民劇場」・「なるとDeシネマ」の役員をしていて、人集めの大

            変さを知っているだけに、どんな運営の仕方をしているのか是非聞いてみるべ

            きだと思われ、人を介して先日13日に当日の運営に参加していたTさんと出会

            って話を聞いた。

             

            やっぱり推察通りだった。お話を聞いてみるとその努力たるや大変なものだっ

            た。何よりも綿密な計画を立てて、取り組んでいることに感心!その計画に従

            って、会員が総力を結集して実践している事にも感心!これだからあんなに多

            くの人がやって来ていたんだと納得した。主催は「教育倫理プラザ」というN

            PO法人だが、ちょっと言葉が難しく宗教団体と間違われることがあると言っ

            ていた。人々の幸せを願っての活動だが、社会奉仕・健全な子育て応援・芸術

            鑑賞など広範囲にわたっての活動をしている。

             

            私のしている活動と同じ分野があり、初めての出会いであったが意気投合して

            楽しくお話を聞くことが出来た。特に私の教え子が千松小学校の教師をしてい

            て、子供たち5・60人もつれて来て歌の指揮をしていたこと・Tさんの亡き義

            母が市民劇場会員だったこと・チラシ配りに鳴門市の量販店へ行っている事な

            ど話し合い、他に参考になることも聞くことが出来た。

             

            これを機会に、私たちの活動も見直してみるべき点があり、お互いに真似るべ

            き点も見つかった。ちなみに、私たちが「オケ老人」映画上映会の時、上映の

            音楽に合わせて、みなさんもペンライトで指揮したが、とてもいい感じだった

            のでこれを真似たとの事。この日の会場のみなさんも、最後の場面は音楽に合

            わせてペンライトを楽しく振って終わりにした。ムードがあり好感度抜群、子

            供たちも舞台上で楽しそうに振った。私も大きく振った。

            | 小唄ちゃん | 音楽 | 10:32 | comments(0) | - | - | - |
            お菓子作り!
            0

              昨日の日曜日は、久しぶりに何も行事が入っていなかった。そこでお菓子作り

              を10時頃からした。実は翌日の月曜日は「童謡を歌う会」浜千鳥の練習会があ

              り、お茶タイムの当番は2班で、私が準備すると約束していたから、手作りの

              お菓子を振る舞いたいと思ったからである。友人Mさん宅で一緒に作った。こ

              の季節まだ暑いので「水ようかん」のメニューにした。既に「こしあん」は買

              って来てあったので、砂糖・アガーを使って作った。約40人分を作ってケース

              に入れ冷やしておき、あとで切り分け個別のケースに入れることにした。

              まだ昼までに時間があったので、奮発してもう一つ・マーラカオ(中華まんじゅ

              う)を作った。これは簡単に作れるのだが、蒸し時間がいるので、40人分とな

              ると何回も蒸して思わぬ時間がかかった。

              まずまず美味しく出来上がったので嬉しかったが、ビニールの小袋に入れ、上

              を金のひもでくくって、恰好よく40人分作るのは手間がかかった。まあいいや

              、たまにはこんなことをするのも〜 皆さん喜んで食べてくれるだろうと想像

              すると結構気晴らしになり楽しかった。

              やっぱり気疲れして少し昼寝をした。夕方北灘の教え子が、山にあるスダチを

              たくさんちぎって持って来てくれた。思わぬ再会で、昨年も貰ったが有難いこ

              とだ。買ったら高いのに〜 今年もみんなにあげれるなあ!さあ誰にあげよう

              かな?

              | 小唄ちゃん | 食べ物 | 07:27 | comments(0) | - | - | - |
              さあ始まった!
              0

                9月に入り、次々に行事が押し寄せてくる。今回の台風は徳島上空を通過してあ

                っという間に通過したが、それと同じように昨日は3つもの行事が、あっという

                間に終わった。

                 

                朝は、黒崎小学校児童が運動会に「鳴門小唄」踊りをするので、その指導に6名

                の実行委員が出かけて行った。と言っても私は代表を変わって頂いたので、代表

                のSさんが主に指導して下さり楽な参加だった。だが朝の8時15分に家を出て、

                体育館での指導は8時40分始まりと、とても気忙しい朝だった。さすが水木流名

                取りのSさん、てきぱきと上手に指導。何より良かったのは体育館中にはっきり

                と響く大きな声を出したことだ。と言ってもマイクはあった。踊りながらの指導

                は時にマイクが手を離れたが、そんな時も歯切れよく聞こえた。元教師ならいざ

                知らず、こんな腹筋を使った声が出せるSさんに驚いた。日頃コーラスをしてい

                るせいかな?予行演習9/11(火)運動会当日9/15(土)も参加する。

                 

                昼からは、黒崎集会所に小唄実行委員7名が集まり、9月8日(土)文化会館で実

                施する「よしもと文化芸術祭」で、ロビー販売を依頼された「鳴門小唄商品」の

                準備で忙しかった。みんな細かいシールをカッターで切ったり、手で剥がしたり

                、菓子袋に貼ったりと、なかなか器用に作業した。私はカッターは上手に使えな

                い。代わりに自宅で、パソコンを使ってシール作り・印刷をして持ってきた。事

                前にデザイン、インクや適切な用紙を買ってきたりと、頭も体も老化現象を起こ

                しかけている私にとっては、間違わず準備していくには、あれこれと手間のかか

                る仕事であったが、何とかやり遂げて持参してきた。途中間違えて貼ったので追

                加シールが必要になったが、これも慌てて自宅へ帰り印刷してこれた。やり遂げ

                るのに夢中で朝の疲れをものともせず頑張り、すべて仕上げて4時過ぎには散会

                した。7日は午後3時から商品陳列準備、8日当日は朝10時から14時まで販売す

                るが、たくさん売れるといいのになあ・・・

                 

                夜は健康福祉センターで、市民劇場がやがて20周年記念パーティで実施する「群

                読劇」の練習に参加した。夜の車の運転は気疲れがするし、広い会場でみんなと

                一緒に立って、大きな声でセリフをしゃべる練習をするのは、朝・昼とフル回転

                して体の疲れている私にとっては大変だった。いつもは声が大きいと言われてい

                る私だが、何故だか大声を出すと喉がイガイガして咳き込む。これも老化現象の

                なせるわけか?変なところに納得しながらの練習であった。9時前に終えたが、

                この練習は初めてから3回目だが、皆さんなかなか上手だ。思わず笑いの出る演

                技もあり楽しかった。さすが演劇に関心のある方達ばかりだ。私も仲間入りして

                いるんだから、老いかけている自分の体をいたわりながら、もう少しみんなとい

                っしょに励みたいと思っている。この練習は9/19・10/2・10/17・10/24と続

                き、本番は11/4(日)である。

                | 小唄ちゃん | 鳴門小唄 | 17:24 | comments(0) | - | - | - |
                古き良き友よ!
                2

                昨日、午後2時半過ぎに阿南のMさんから電話がかかって来た。「今から鳴門

                へ行きたいが、あなたに会えるだろうか」とのこと。たまたま帰宅したばかり

                だった私は、折角来て下さるのだったら市民劇場事務局長のFさんも一緒でな

                いと勿体ないと思い、大急ぎでFさんに電話し、事務所にいることを確認して

                鳴門に来ていただいた。家業の手伝いやら親族との付き合いなどで忙しくして

                いるので、いつ出かけられるか分からないので今から行くというのである。

                 

                やがて4時40分頃、鳴門に到着したMさんを迎え久しぶりに旧交を温めた。

                「借金しているのが気になってなあ。8月中には鳴門へ行かなくちゃ〜と思っ

                ていたのよ!」。何と律儀なMさん!こちらこそ入会して下さったのを有難く

                思っていたのに〜。それに9月例会は22日だからまだ日があるので、少し涼

                しくなった9月初旬ごろに来ていただこうと思っていたのに〜。

                 

                Mさんが市民劇場に入会して下さったのは、去る3月に出会った時「鳴門へ観

                に行ってもよいと思っているのよ」との言葉を思い出し、9月例会担当となっ

                た私が7月にお誘いしたからである。直ぐ入会して下さったので、私が会費を

                立て替え入会手続きを済ませていたのだ。この猛烈な暑さの中、会費の事を忘

                れずに、自分から遠距離をものともせずに鳴門まで来て下さったMさんに唯々

                感謝!。1名入会していただくのに、みんなどれだけ苦労している事か〜!?

                自分から申し出て入会して下さり、そして遠距離の中自分から会費持参・・・

                 

                あゝ何ということか〜! Mさんは会費のことで迷惑をかけないようにと、6

                か月分も前払いで入金! それにお土産まで持って来て下さった。みんなで食

                べるようにと自作しているブルーベリーの熟した実・お茶菓子・などなど・・・

                 

                阿南は鳴門よりも早く観劇を始め、何も知らない私たちに色々なことを教えて

                下さり、心温かく親切に導いて下さった。楽しく交流したかつての日々の思い

                出話に花が咲いた〜。鳴門では、Fさんと私は格別親しく大事にしていただい

                た。会員数が減り散会してしまった阿南市民劇場の皆さんの事が思い出され、

                残念で仕方がなかった。Mさんは、鳴門の頑張りをしっかり褒めて下さり、遠

                距離でも会員になって下さった!市民劇場に対する思い・苦労に対するねぎら

                いがひしひしと伝わってきた。

                 

                20周年を記念しての昼例会・パーティなどのお話もして、今後観に来て下さ

                るようにとお誘い・資料をお渡しして別れたが、日頃のお付き合い・繋がりの

                大切さをしみじみと感じた日であった。

                | 小唄ちゃん | 演劇 | 03:19 | comments(0) | - | - | - |
                バランス感覚磨き!
                0

                  昨日の夕刊に、県建設協会が転落事故防止のために「体幹体操」を作り、全国

                  の建設現場で取り入れられ、異業種にも広がっていると記載されていた。

                   

                  最近体幹を鍛えると言って、鳴門市内の「百歳体操」練習会場でも取り入れら

                  れているそうで、朝のラジオ体操に来ている仲間の間でも、そのポーズを教え

                  合って練習している。

                   

                  私は、ラジオ体操だけを完璧にしていたら、すべての運動になると思ってして

                  いないが、そのポーズを見ると鍛え方が少し違うように思う。下手でもやって

                  みようかなと迷っていたし、ちょっと真似てみても、このポーズはふらふらし

                  て出来ないのだ。

                   

                  最近日常の動作の中でも、私は筋力の無さが身に染みて感じられているだけに

                  、この新聞記事はぴったりだった。80歳を過ぎてから毎朝の散歩でもスピード

                  が落ちてきた。急に立ち上がるとシャンと立てないでふらっとする。昨夜、最

                  近コーラスに入ってきた方が、私の年齢を聞くと、まじまじと私の顔を見て、

                  「そんなには見えない」と言って下さったが、こんな高年齢になっても練習に

                  来ていることが不思議でならない様であった。「同級生のNさんも来ています

                  よ」と言って教えてあげると、これにもびっくりしたようだ。

                   

                  ちなみにNさんは、姿勢は少し前かがみになってきたが、私のようにふらっと

                  は全然しないそうだ。若い時からスポーツをしているから体幹が鍛えられてい

                  るのだろう。1歳年上のAさんは今体調を崩していて、ふらふらすると言って

                  いる。やっぱり個人差があるようだが、私は折角ラジオ体操に出かけてきてい

                  るのだから、体幹を鍛える体操を練習している方たちに交じって、まじめに教

                  えてもらって、少しずつ鍛えるようにしたいと思っている。

                  | 小唄ちゃん | - | 06:49 | comments(0) | - | - | - |
                  フラッシュモブ風・群読劇!
                  0

                    一昨日の夜、「鳴門市民劇場」20周年記念行事の一つとして実施する、フラッ

                    シュモブ風群読劇の練習会に初参加した。まだ台本の検討を兼ねた読み合わせ

                    会だったが、初めて手にする「鳴門市民劇場のあゆみ」は、発足以来20周年の

                    苦楽を物語る短い言葉のシナリオで、なかなかよくできていた。総勢36人の出

                    演者で構成されている。

                     

                    この日は2回目の練習会であったが、既に自分の言葉として演じながらしゃべっ

                    ている人もいた。一言ずつなのですぐ覚えられるが、パーティー会場の広いホ

                    ールで、劇として人前で演ずるには声量・演出などでなかなか難しい問題があ

                    るように思う。単なる読み合わせならすぐできるが、36人が一言ずつ短い言葉

                    を喋ってストーリーを展開していくには、早業が必要だ。対談式になっている

                    ので、間をおかずに次の人が喋る。その人は、何を言っているか聴衆によく理

                    解される言葉を選び、ゆっくり明瞭に話さないと、広い会場では内容が伝わり

                    にくいように思う。

                     

                    市民劇場独特の運営に関する言葉での会話が、上手に取り入れられていて、私

                    たちが日夜・苦労していることを、理解してもらうにはいい機会だ。私は今の

                    市民劇場が独立する前の不安・焦燥・信念・決意を話し合う場面での出演にな

                    っていた。当時のみんなの戸惑い・悩みなどを思い出しながら、そこから「独

                    立しよう」と立ち上がるまでの決意・盛り上がりが、巧く演じられるように励

                    みたいと思っている。

                     

                    事務所一杯にやって来た人たち・熱心に取り組んでいる人達を見ると、市民劇

                    場も捨てたもんじゃない!これならやれる!と意を強くした。特に若い人たち

                    がたくさんいるのはいい!演ずるのも巧い!

                    何事もみんなの力を結集して、頑張る市民劇場の姿が尊く、私の大好きな姿だ!

                     

                     

                     

                     

                    | 小唄ちゃん | 演劇 | 03:38 | comments(0) | - | - | - |
                     123456
                    78910111213
                    14151617181920
                    21222324252627
                    28293031   
                    << October 2018 >>

                    bolg index このページの先頭へ