blog index

本日出発!

興味を持ったこと、感動したこと、行動したことを綴っています。
コンサートで、手作りパンの販売!
0

    昨日急な電話で、いつも参加している市民コンサートに、早めに出かけるとの連絡

    がMさんからあった。車に乗せてもらっているHさんが、パンを作って持て行き、

    販売をするとの事である。4時半集合との事であったが、彼女は10分遅れでやって

    来た。

     

    見ると、車にいっぱいパンを載せている。「これ全部あなたが作ったの?」と聞く

    と「うん。徹夜で作って来たのよ」との返事。パン教室を開いている彼女のパンは

    今までにも食べたことはあるが、こんなにいろいろなパンをたった一人で作ったと

    は… 感心もするし〜 ただただ呆れてその苦労が思いやられた。Mさんと私は、

    「手伝うけんな!」と言いながら狭い座席に座り、いい匂いを嗅ぎながら会場へと急

    いだ。

     

    阿波銀ホールに到着。裏側に駐車。待ってくれていたDさんに手伝ってもらって、

    パンの荷降ろしをする。ホールに準備されていた机の上にならべる。大変!!販売

    用のビニル袋がない。大急ぎでFさんが近くのお店で買って来て下さった。種類別

    にパンを並べ名前・値段表示。釣銭も準備。美味しそうだが、1個150円以上のも

    のばかりで内心「こんなに高いと売れないかも〜」と不安がよぎった。

     

    市民劇場では、売り易いように全品1個100円で販売している。いくら手間をかけ

    たものといっても、皆さん買ってくれるかな?売れるかな?ひやひやしながら開場

    を待った。早く入場したお客さんが早速パンを見て下さった。「どうか買って下さ

    い!」祈るような気持ちで見ていると、何となんと小さくカットした2個200円の

    パン、1個150円のパン、2個300円のパン、大きく山型に作られた800円、900円

    のパンが売れ出した。うわあっ〜 こんなに高くても売れている〜 

     

    並んでいる種類の中から皆さん選んで買って下さっている。勿論「手作りですよ」

    「美味しいですよ」「明日の朝食にいかがですか」などの言葉をかけたが、コンサ

    ートの会員は少ないので、多分余ってしまうだろう〜と覚悟していた。だが、幕間

    ・終演後も売り、私達も1個ずつ頂いたので完売!こんなことってあるのかな?近

    寄ってきた方は、並べられている中から選んで買っていく。

     

    そうか?〜路上でたたき売りをしている商品も、その中から選んで皆さん買ってい

    く。協力して下さる気持ちもあるが、心理的に一点に集中している時には、そこだ

    けに目が行くのだ。どれかを買わなければ〜と 売れて嬉しいのだが、狐に包まれ

    たような気分であった。何はともあれ良かった!よかった! だが折角のコンサー

    トのピアノ演奏も,いくら会で決まって事と言っても、パン販売に終始してロビー

    の音響で聞くだけだった彼女が、お気の毒でならなかった。同じ会員なのに〜!

     

    会の存続の為に少しでも収益を挙げなければ〜 空腹の会員さんの喜びに繋がる行

    意をしなければと,私情を捨てて励んでいるHさんに心より感心!本当にえらい!

    今夜はゆっくり休んでください!

    | 小唄ちゃん | 食べ物 | 13:07 | comments(0) | - | - | - |
    三宅さんが、鳴門市民劇場へ!
    0

      昨日は、私達鳴門市民劇場のサークル代表者会であった。会場のキョーエイ4Fへ

      少し早めに出かけていくと、エスカレーターを降りたとたん、ばったり三宅さんに

      出会った。「そうだ。今日は三宅さんが講師になってお話をして下さるのだ」この

      所幹事会にも出席せず、忙しくしていた私はすっかり忘れていた。

       

      やっぱり懐かしい。嬉しさがこみあげてくる。鳴門で演劇が観れるように「鳴門市

      民劇場」を作って下さった大恩人である。私は来賓席に座った三宅さんの席に最も

      近い前列の椅子に座り、少しの時間だがお話をする。後部席に座っていた徳島時代

      から入会していたTさんも、懐かしそうにお話をしていた。

       

      会が始まり、まず最初は三宅さんの話からである。今年の5月例会から来年3月例

      会までの6例会分の作品説明であった。さすが三宅さん、弁舌さわやかに次々と澱

      みなく作品の見どころを説明し、しかも観た感想も交えて楽しくお話をされた。ス

      ゴイ! 一つの作品説明を終えたらすぐ次の作品へと、間髪を入れずに切り替えて

      話される早業に脱帽! なんでこんなにスラスラ頭の切り替えが出来るのか?しか

      も観客が興味を持つように作品の良さ、面白さが的確に伝えられている!やっぱり

      長年観続け研究されているからに違いない。それに頭の良い人だからだろうねえ。

      普通の人なら何らかのメモを見てでないと話せないほど盛り沢山(6例会分)な内容

      なのに・・・

       

      あゝ楽しかった!生き字引のようなくわしい内容が聞けて!これからの例会に期待

      のもてる内容なのが何より嬉しい! 後で聞くと、指定した時間がわずか30分だ

      ったそうな!だからあんなに間髪を入れずに、時間調整をしながら話されたんだと

      分かった。密度の濃い内容の説明を、切り紡いで短時間で話された調整技にも感心

      した。

       

      この後、担当例会ごとのグループで「例会参加率を挙げる方策について」話し合い

      発表。最後に「観劇中に感動した時の拍手・笑い」を観客としてもう少し表現する

      ように話があったが、これは劇団の人に対して、私たちがもっと心がけなければい

      けないことだ。鳴門の人は大人しいと言われるのも当然。反応なしでは劇団の人も

      やりずらい。いつか私が大滝秀治さんを車に乗せてお送りした時「僕の芝居は皆さ

      んに届いたのでしょうか」と心配げに話された事がある。あんなに喜んで熱心に観

      たのになぜ? 届いたどころか、感心して見入っていた筈・・・不思議に思ったがよく

      考えてみると、みなさん終始静かに見ていたように思う。黙り込み反応がないと、

      役者さんは自分の芝居が良くなかったのかと心配される。

       

      今日の三宅さんのお話を聞いていた時も、静かに聴くだけでなく、もっと一緒に笑

      ったり拍手したらよいのにと思った場面が何度かあった。自分も含めて、もっと素

      直に反応のできる人にならなければと反省した。

      | 小唄ちゃん | 演劇 | 11:25 | comments(0) | - | - | - |
      板東俘虜収容所開設100周年!
      0

        4月8日(土)収容所跡地で、チャリティーコンサートを実施するということで、私

        達「鳴門小唄」でいきいきなると実行委員会” は出演を依頼された。「鳴門小唄

        」を踊ってこの催しを盛り上げてほしいとの事だった。

        今から100年前に、松江所長の人道的な扱い・温かい心により,ドイツ兵と板東の

        皆さんが交流した記念の現地での実施ということで、意義ある催しに参加OK。童謡

        を歌う会「浜千鳥」の皆さんと、「小唄サロン」参加者の皆さんに協力していただ

        き、総勢23名が出演した。

        午後1時半に現地集合、曇り空で野外での催しで雨を心配したが、どうにか雨に合

        わず実施できた。出演チームの順もはっきりせず、長い時間待機していて少々疲れ

        たが、準備した人たちの労苦を思うと、不平を口にすることも出来ず、辛抱しんぼ

        う。

         

        4時を過ぎやっと私たちの出番となる。前面の空き地に、ブルーのTシャツと黄色

        のTシャツがずらりと並ぶと、随分大人数のようで最終のプログラムを飾るにふさ

        わしく見事だった。私の挨拶・全員の踊り・Aさんの歌詞説明斉唱・周囲の人たち

        を巻きこんでSさんの踊り方説明・総踊りと予定通り進行。皆さん一緒に踊ってく

        れるかな?と心配したが、積極的に参加して踊って下さる方もいて一安心。主宰者

        のTさんも楽しそうに踊って下さっていた。踊りの輪の中に入らなくても、周囲で

        手真似をして覚えて下さっている方もいた。

         

        こんな訳で長時間かかったが、意義あるイベントに参加して疲れて帰って来たが、

        この後私は再び市民劇場仲間との夜の桜見学・桜宴会に参加した。汽車公園に面

        した「ダイニングキッチン・灯り」の前には、見事なサクラが開花していた。前

        日は3分咲き位であったが、何と私たちの花見に合わせるように美しい姿を見せて

        くれた。お蔭でこの日の宴会での話題はひたすら「サクラ」のみ。各自今までに

        見た桜を話題に、2時間余りを楽しく過ごした。

        思ったより美味しい料理にビール! 昼間ののどの渇き・疲れも癒され、桜・さ

        くら・サクラを満喫した一日となった。

        | 小唄ちゃん | 季節」 | 11:52 | comments(0) | - | - | - |
        花のお江戸・鳴門で花見!
        0

          4月1日上京! 孫の誕生祝・入学祝と2人のダブル祝いに主人とお出かけ!

          ついでに4月2日(日)、遅れている花見がやっと出来た。春上京した際にはいろい

          ろな名所の花見をしているが、今回は都心部の「目黒川花まつり」に出かけた。

           

          すごい人出。まだつぼみの花もたくさんあったが、今日は朝からどんどん開花。川

          の両岸の枝垂桜が美しい花を咲かせて、川面に影を映している。目黒川に沿って約

          4キロの桜並木である。商店街が思い思いの商品を売り、美味しそうな食べ物を売

          っている。長蛇の列、おもてなし満点とあって、遂に私も桜ワインを買って飲むこ

          とにした。おしゃれなカップに1杯500円のピンクのワインは、桜の香りがして甘

          口、ほのかな体の温もりを感じ、見上げた桜がますます美しく大満足の桜見物であ

          った。

            

           

          4月5日、帰京した私は友人と鳴門・花見山の桜見物に行った。鳴門はまだ3分

          咲きと聞いて出かけたが、何と幸せなことか〜 ここも南斜面・左側の道路横の

          桜は8分咲きで、見事な開花ぶりを見せてくれた。「すごいっ! きれいっ!」

          異口同音の感嘆の声!! 期待せず出かけたので余計嬉しく、美味しい花見弁当

          と美しい鳴門海峡風景の眺めと相俟って、最高に楽しい花見が出来、ルンルン気

          分で帰った。

          | 小唄ちゃん | 季節」 | 13:14 | comments(0) | - | - | - |
          春だ! 迷った時は Go〜 !
          0

            昨朝6時、いつものように早朝ウオーク・ラジオ体操に出かけたが、自宅を出てわ

            ずか50メートルくらい歩くと、住宅の生垣横から突然「ホー ホケキョ!」の鳴き

            声が〜!びっくりするほど大きな鳴き声だ!今年初めて聞く声!それもこんな近く

            の住宅街で〜 何だか得をしたような気分だった。

             

            最近の私は、ノルディックウオーク用のスティックを使って歩いている。腰を痛め

            たので、姿勢が前かがみにならないように、まっすぐ背を伸ばした姿勢を保持する

            ために使用、また運動量が2倍になると聞いているので、体力をつけるためでもあ

            る。仲間のみんなもスティックを使って公園内の周囲を歩いている。サッサッと歩

            くと気分のいいものだ。

             

            さて今朝は、朝食を済ましてすぐウチノ海公園へ出かけた。鳴門西婦人会の人たち

            がボランティアで産直市を開いているので、新鮮なとれとれの生わかめを購入する

            ためだ。今朝は市民劇場代表幹事のNさんも参加してせっせと手伝っていた。地域

            の人たちと共に、朝早くから頑張るなんて感心だなあ!

             

            9時になり大急ぎで徳島へ〜! とくぎんトモニプラザで映画「母」を観た。小林

            多喜二さんが不当な弾圧を受けて命を落とす人生に、今更ながら憤りを感じた。そ

            れにしても寺島しのぶさんの演技はホントに巧いなあ!

             

            12時になっていたが、その後私は大麻町へと回りIさん宅・Nさん宅・霊山寺(M

            さん勤務)を訪問した。日頃何かとお世話になり、またいただき物をしているので

            わかめを差し上げるためだ。鳴門の街中にいる方は生わかめを貰う機会もあるだろ

            うけど、この辺りの人はそう機会もないだろう。思った通りみなさんたいそう喜ば

            れて、行った甲斐があった。それに大麻町ののどかな春景色・お遍路さん団体で賑

            わう寺風景を見ることもできた。

             

            正直言って、早朝の体操・産直市での買い物・朝上映の徳島での映画会に間に合う

            ようにするにはとても忙しく、産直市へは止めようかなと思ったが、散歩の時Iさ

            んが話されていたので、彼女に差しあげてから行こうと思い購入した。そして帰り

            にちょっと回り道になるだろうけど、生わかめなんてあまり食べる機会がないだろ

            う〜 思い切って大麻町の友人にも差し上げようと思い購入した。帰りはぐるっと

            西へまわり帰宅が2時近くなったが「行って良かった!これも元気に車に乗れるよ

            うになったからだなあ〜」ときっかけを作ってくれたIさんと、健康に感謝した。

             

            | 小唄ちゃん | 季節」 | 14:37 | comments(0) | - | - | - |
            鳴門わかめ流出被害!
            0

              「なるとDeシネマ」は、上映会終了後いつも担当者がチケット代回収に販売先を

              廻っている。今回私は担当する鳴門町のTさん宅を訪れ、本当にびっくりした。

               

              何時も何枚かは売り上げているTさんが「ごめんなさい。今回は1枚だけです」と

              すまなそうにおっしゃり「気の毒で買って下さいとは言えなかった!」と話した。

              よく聞いてみると、先日のわかめ流出事件で被害を受けた事件を話して下さった。

               

              あの朝海岸から沖の方を見て「あっ わかめ養殖の筏がない!」と色を失ったそう

              です。低気圧が発達しながら日本海を通過したため風波が強まり、激しい潮流に養

              殖棚のロープが切れ流されてしまったそうです。

               

              いつもチケットを買って下さり「なるとDeシネマ」の映画は「よい映画ばかりじ

              ゃ!」とおっしゃり、楽しみに連れ立って文化会館まで足を運んで下さっている方

              たちの家が、こんな被害にあったのです。40基・15軒・約1000トンのわか

              め・被害額5千万円という話に、私は気の毒で気の毒でたまりませんでした。

               

              里浦町の農家は、ダイコンやサツマイモに保険をかけているそうですが、海産物を

              相手にしているこのあたりの漁師の家は、わかめなどに保険をかけていないそうで

              す。「組合員の生計が成り立たない!」「迅速な支援をお願いしたい!」と行政に

              話しているそうですが、まだ県からも市からも何も貰っていないようです。齢のい

              っている家庭はこれで漁業を打ち切るそうですが、子供が同じ仕事を続けている家

              庭はそういうわけにいかず、収穫直前のわかめ被害、新しい養殖棚購入費用捻出に

              途方にくれ、がっくりしているそうです。

               

              そんな身近な地区の方々の被害を聞き、東北震災にあった人たちにチャリティー資

              金を依頼する映画会にするかどうか迷った私は、それどころではない・いつも私た

              ちの活動に協力して下さっているこの人たちに、何かしてあげなければと強く思っ

              た。

               

              | 小唄ちゃん | 映画 | 01:40 | comments(0) | - | - | - |
              夢がかなった夜!
              0

                前日3/10の鳴門市民劇場3月例会が、会員数前例会クリアで喜びに沸いたのに引き

                続き、昨日3/11は、ささやかな夢が実現した楽しい夜だった。嬉しくって仕方が

                ない! 同じ文化会館で「なるとDeシネマ」主催の映画会「オケ老人」の企画が

                成功したこと・鳴門市内の合唱団が、来年度から「鳴門市合唱祭」を実施すると決

                意したことだ。

                 

                3/11のお昼12時に、鳴門市民劇場事務所にOさんを同乗して集合、Fさんと映画

                会に必要な準備物を載せて文化会館へ向かった。続々と会場準備にやって来た実行

                委員と、楽しい夢を乗せて入場者を迎える準備をした。たくさん観に来てくれるか

                な?

                 

                お昼1:30開場だが、それより20分も前頃から人の行列が出来だした。開場と同時

                に入り口で「チケットもぎり」「なるとDeシネマ通信」と「蛍光ランプ付きボー

                ルペン渡し」の3つの作業を始めた。皆さん不思議そうに入場する。そこで「ペン

                ライトは映画上映最後頃に使用」と軽く説明して入場していただいた。

                 

                1:45になり、私は慌てて会場を後にしてホテル・アドインへと向かった。2時よ

                り市内合唱団の指揮者たちと会合、昨年の「野口雨情メモリアル音楽祭」の時に盛

                り上がった鳴門市合唱祭を開催するかどうかの相談をした。文化会館は経費が高く

                て会場がないなどと消極的に迷う意見もあったが、とにかく来年度の「第九100周

                年」にあわせて、鳴門市の合唱を盛り上げるために頑張ろうと実施に踏み切る意見

                に落ち着いた。やっと安心。ここで3:45になり、私は慌てて文化会館に戻った。

                 

                ペンライト使用の場面に間に合うかな?もう時間がない。楽屋口から舞台横に向か

                う。真っ暗で何も見えない。耳を澄ますと「威風堂々」の曲が聞こえる! 大変!

                この場面がどうしても見たい!転ばぬように床を這いながら進む!幕が手にさわり

                舞台横に来たと気付く。ほの明かりが見え隙間から客席を覗き見る。スゴイ!ペン

                ライトの数々が星空のように輝いて見える。まるで銀河世界だ!みなさん主演・杏

                さんの指揮に合わせて、上手にペンライトを振ってくれている!目頭が熱くなり胸

                が高鳴る! 夢にまで見たこの場面を、この目で見ることが出来たのだ!

                 

                大成功!会場を後にする皆さんが口々に「楽しかったよ!」「今度いつしてくれる

                の?」などと嬉しそうに話しかけて下さった。

                夜の部は、私も最初から参加。笹野高史と小松雅夫さんよりいただいたメッセージ

                の映写。アナウンス・ペンライト使用の説明。どれもこれもすっぱりとやり遂げ、

                さすが日頃市民劇場で鍛えた実力が発揮できている。映写画面に合わせて、ペンラ

                イトを振る場面に私も参加。美しい光の数々!実に楽しい! 皆さんも楽しそうに

                振っている! 幻想的な光りは夢を乗せ楽しい世界へ運んでくれる!

                 

                良いと思ったことは、慎重に相談してとに角思い切ってやってみる事の大切さを学

                んだ。経費の問題ではない。それ以上の精神的満足感が味わえるのだから〜!

                | 小唄ちゃん | 映画 | 06:32 | comments(0) | - | - | - |
                やり遂げた3月例会!
                0

                  今日は鳴門市民劇場3月例会の日だ。ついにやり遂げました。

                   

                  まだ3名減でヒヤヒヤの例会前日の昨日、暗い顔をしていた事務所に、お誘いが出

                  来たサークルからやっと朗報が入ってきました。誘えなかったサークルからも残念

                  な結果の報告が次々とありました。私もペニーレイン以外はうまくいかなくて次々

                  空振りです。今度はどこに声かけしようかと話し合っていました。

                   

                  3時ごろです。やっと最後の一人が誘えたとの嬉しい報告がきました。やったあ〜 

                  これで前例会クリアです。連続25例会クリアに結びつきました。

                   

                  その成果を聞いた途端、4人でコーヒーで乾杯! ホンマに良かったなあ〜!

                  早くみんなに知らせなくっちゃ〜! 事務局から一斉にメールが飛びました! 

                  すぐ歓びのメールが届きましたよ!

                   

                  今回は本当に苦しい戦いが続きました。でもみんなよく頑張った。よく協力した

                  と思います。 ぎりぎりまでよく頑張ったねえ〜  

                  担当の皆さま本当にお疲れ様でした。今夜は楽しい例会になりますね!

                   

                  続いて明日は、鳴門deシネマ「オケ老人」上映会の日です。楽しい企画を

                  しています。皆さん楽しみにお越しください。

                  | 小唄ちゃん | 演劇 | 08:59 | comments(0) | - | - | - |
                  ペニーレインの頑張り!
                  0

                    鳴門市民劇場3月例会が、直ぐそこまでやってきた。3月10日だ。

                    だが先週末になっても入会者のお誘いが少なく、あと10日くらいまでに近づいてい

                    るのに苦戦している。私も心配だった。総会打ち上げの席上、幹事のAさんが私に

                    近づき「あなたのサークルのIさんに、お姉さんを誘うように話してみて下さい」

                    と、依頼された。

                     

                    以前からIさんには、後1人入会者を探して新サークルを作って下さい」と話して

                    いたが、なかなか見つからないようだった。私は今年の今月まで、鳴門市民劇場が

                    前例会クリアを4年間も続けて来られたのに、ここでダメになるのはどうしても辛

                    く、何としても担当者に頑張って欲しいと思い、他の人も助力しなければと思って

                    いた。まず自分も行動しなければと、早速Iさんの職場へ昼休みに出かけ「運営サ

                    ークル担当になっている。ここで力を発揮して下さい」と頼んだ。

                     

                    Iさんは凄い!多分入会は無理ではないかと思っていたお姉さんを、説得し入会に

                    こぎつけた。この知らせを受けた私は嬉しくてたまらず、すぐ彼女のフォーク演奏

                    仲間のYさんに会いに行った。一人誘えたのだから新サークル誕生のチャンス。

                    Yさんは「代表のAさんに話して下されば良いです」の返事。早速Aさんは「勿論

                    以前から1番に望んでいたことです」との返事。ラッキー!! これで新サークル

                    誕生だ! 名前は「ペニーレイン」。

                     

                    この人たちのフォーク演奏仲間の名前は「ペニーレイン」。私は以前からペニーレ

                    インのライブを何度も聴きに行っている。4人組みの演奏だが、この2人は市役所勤

                    務の傍ら重要なポストにいながら、仕事と趣味を両立され立派に楽しく演奏されて

                    いる。なかなかできないことだといつも感心し、応援したくて、また自分も音楽が

                    好きなので、演奏を聴くのを楽しみにしている。念願の市民劇場レビュー!

                     

                    ところがまだまだ驚いた! 2日ほどして、ペニーレイン新入会者1名! スゴイ!

                    拍手! そして、またまたびっくりポン! 新入会者1名! 計5名の新サークル!

                    嬉しくってたまらない! クリアまであと4名のお誘い。がんばれ! 頑張るぞ!

                    | 小唄ちゃん | 音楽 | 05:16 | comments(0) | - | - | - |
                    「なるとDeシネマ」次回上映作品【オケ老人】!
                    0

                      今夜は、3月11日に上映する映画「オケ老人」の打ち合わせ会であった。

                      寒くても皆さん頑張って元気に参加、新しく入会した方々も少しずつ慣れて来て、

                      思い切って意見や実態が話せるようになってきた。進歩した自分自身に気づき嬉し

                      そうな表情を見せるSさん、会に入ってもらって本当に良かったなあと思う。

                       

                      「オケ老人」は、昨年末私たち実行委員が検討して選んだ次回上演作である。最高

                      齢の老人たちのオーケストラにまさかの喝采。老人であっても頑張ればこんなに見

                      事な演奏が出来る。私は徳島ではこの作品が上映されないと分かったので、東京の

                      息子宅へ行った際、すぐ観て来て「これなら大丈夫」と思ったほど、楽しくて最後

                      の場面が感動的で元気をもらう良い映画であった。

                       

                      だから上映に踏み切り、音楽関係者には直ぐ好感をもたれチケット売れ行き好調と

                      なるだろう、みなさん観に来るだろうと思っていたが、何故だか今のところ芳しく

                      ない。宣伝が出来ていないのではないか。私の所属している「童謡を歌う会」は2

                      週間お休みしていたので、作品説明をしご披露してから、購入してもらう機会がな

                      く仕方がなかったのだと思うが・・・

                       

                      今夜の会で、Iさんがたくさん買ってもらっている話に驚く。Iさんの話によると、

                      高松で観てきた人が1100円出して観たそうで「鳴門でこんな良い映画が900円で

                      観れるのだったらもう少し待っていたらよかった。もう1回観てもよい」とおっし

                      ゃったそうだ。この話にみんな元気づく。またFさんの話によると「子供が観ても

                      面白かった」といったそうだ。

                       

                      私も同感。何度も笑ったり胸を熱くしたりで、もう一度観てみたい。たくさんの

                      人に観てもらい楽しんでいただいき、元気をもらって何事にも挑戦する人になっ

                      てもらいたい。  

                      ◆ 鳴門市文化会館、駐車料無料、3月11日(14:00 18:00)2回上映です。

                      | 小唄ちゃん | 映画 | 22:14 | comments(0) | - | - | - |
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>

                      bolg index このページの先頭へ